ヘッドライン  
1エタ沈φ ★2013/09/02(月) 17:58:35.86ID:???

古典的な迷路に隠されたチーズを探すマウスは、ある種のGPSを使う。特別なニューロンが、
自分たちの位置を記録しているのだ。同じことがコウモリにも当てはまる。
彼らは非常に精確なソナーをもっている。

驚くべきは、これがわたしたち人類にも当てはまることだ。わたしたちの脳には人工衛星のような
役割を果たす細胞があり、移動の際に稼働して、本格的な三角測量システムのような空間グリッドを形成し、
3つの座標を用いてわたしたちがどんな瞬間にどんな環境にいるかを教えてくれる。

この事実について、誰もが驚くわけではないだろう。というのも神経科学のさまざまな研究によって、
人間の脳にこのような細胞が存在するという仮説がすでに立てられているからだ。
しかしニュースは、今回この細胞が実際に動作しているのが初めて観察されたことにある。

この最初の栄光を手にしたのは、フィラデルフィアのドレクセル大学の生物医学エンジニアリング・
科学・健康システムスクール(School of Biomedical Engineering, Science and Health Systems)の
ジョシュア・ジェイコブスだ。彼はペンシルヴァニア大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、
トーマス・ジェファーソン大学の研究者たちのチームを率いて研究を行った。

どのように進められたかは、「Nature Neuroscience」に掲載されている。ジェイコブスと同僚たちは、
治療の一環として脳に電極を埋め込んだ14人のてんかん患者に対して研究を行った。
これにより研究者たちは、さまざまな状況における患者たちの脳の活動を記録することができた。

例えば、彼らがTVゲームをしているときに観察を行った。高所から見て対象の位置を記憶して、
地上に降りてからジョイスティックを使って空間を移動してそれらを見つけ(それも特定の順番で)、
基地に戻るというものだ(動画)。対象は、プレイヤーが近くにいて、それらのある正しい方向を
向いているときのみ目に見える。

ゲームの最中、研究者たちはいくつかの細胞が稼働して、ひとつの精確な空間図を形成しているように
見えることを観察した。まさに、三角測量で用いる三角網のようなグリッドだった。
このグリッドは大脳皮質のさまざまな部位、とりわけ嗅内皮質(記憶のために重要で、アルツハイマー病に
関係する海馬の一領域)や、帯状皮質の前部および後部に存在している。

「こうした細胞は、閉じた場所でも開けた環境でも、方向感覚を維持するうえで根本的であるように
思われます。グリッドとなる細胞なしでは、おそらく人間は目印のみに基づいて動き回ることになるでしょう」

イタリア、トリエステの先端研究高等学院(SISSA)のある研究は、海馬における空間記憶が小グループで
機能することをすでに発見していたし、多くの研究者たちが以前から方向把握能力の発達を研究している。
「新しい発見は、特定の場所において活性化する海馬の位置特定細胞についてのこれまでの発見とともに、
さまざまな種類の哺乳類がもっている地図やナヴィゲーションシステムの存在の証拠となります」と、
論文の著者のひとり、マイケル・カハナは結んでいる

WIRED.JP 2013.8.29 THU
http://wired.jp/2013/08/29/gps-inside-brain/

Nature Neuroscience
Direct recordings of grid-like neuronal activity in human spatial navigation
http://www.nature.com/neuro/journal/v16/n9/full/nn.3466.html

依頼がありました
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1376913483/33


引用元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/loser/1206438660/


2名無しのひみつ2013/09/02(月) 18:02:36.22ID:Puaqlgg2

じゃ 俺のは壊れてる


3名無しのひみつ2013/09/02(月) 18:03:06.42ID:GLN9NFON

いやねえよ


5名無しのひみつ2013/09/02(月) 18:06:11.81ID:9GoyGVxV

…え、要は空間認識能力の事だろ?(´・ω・`)


21名無しのひみつ2013/09/02(月) 18:34:36.85ID:OJSxF1V0

>>5
それに特化した機能を担う細胞がありそうだということだろうね
お婆さん細胞のような


7名無しのひみつ2013/09/02(月) 18:08:16.42ID:LS3/g5fv

あるとしたらINSだろ。

電波受信できたらキチガイだよww


12名無しのひみつ2013/09/02(月) 18:16:27.04ID:eXM6GZVi

>>7
目は立派な電波受信機ですよ。


14名無しのひみつ2013/09/02(月) 18:18:48.26ID:3LIwpTPh

GPSという例えはいかがなものか

>>7 の INS とか、あるいはビジョン等から SLAM やっているとかなら話は分かる


9名無しのひみつ2013/09/02(月) 18:08:31.93ID:jk7TdW9Z

俺のはナビを使うようになって完全に壊れた


15名無しのひみつ2013/09/02(月) 18:19:15.24ID:QfsiRIvn

もしGPSなら、目隠しして、3回、回っても、スイカを割れるw


19名無しのひみつ2013/09/02(月) 18:29:38.42ID:vIwFXKrM

地理的認識作用(記憶や推論)とGPS機能って違うだろw
鳥なんかは磁場的な感覚機能あるそうだが、人間には無えよ


20名無しのひみつ2013/09/02(月) 18:29:43.86ID:pLCLFAso

まあ人生の方向は見失ってるけどな


22名無しのひみつ2013/09/02(月) 18:37:15.07ID:OJSxF1V0

GPSという喩えはちょっと違うね
三角測量と同等の機能はあるだろうけど
目印なしじゃどうにもならん気がする
砂漠で毎日丘の形が変わるような状況でも
人間はやっていけるものなのかね?
太陽や月、星は存在しないとしてさ


26とある妹 ◆FdCU8Fux7A 2013/09/02(月) 19:29:00.20ID:JdkXiPiC

忠犬ハチ公にはあるね、ぜったい


27名無しのひみつ2013/09/02(月) 19:35:36.93ID:aVmzdQNj

うん、犬にはあるね

子供の頃、チャリンコで20kmくらい犬を連れて走ったことがあって
帰りは疲れてたんで、犬を放ってバスで帰ったんだ

そしたら次の日の朝には犬小屋の中で横になってたんだよ
さすがに上目使いで睨むような顔をしてたけどな


28名無しのひみつ2013/09/02(月) 20:01:40.67ID:5EA07rQP

>>1
磁石って意味合いだよね?
大概の高等生物は持ってるが、GPSとは違うような・・・
素で電波受けてたら怖いわw

まぁ、回遊魚や渡り鳥が方向音痴だったら面白いねw


34名無しのひみつ2013/09/02(月) 20:42:53.94ID:JHbOXFf5

この実験は患者にゲームの中でうろうろさせたようだから
磁場や風向きみたいな地学的要素はおそらく無縁だなあ

犬猫や伝書鳩も地理的な記憶や認識も使ってるだろうが、
自動車や電車で移動したときでも帰ってくることがあるようなので
それだけではない(磁場かなにか地学的な要素も併用している)


36名無しのひみつ2013/09/03(火) 08:56:07.23ID:o2ZY68q1

世の中、右も左も分かりません


37名無しのひみつ2013/09/03(火) 09:12:12.27ID:MiZ5D+bu

北枕が敬遠されるのはこの機能のせい


38名無しのひみつ2013/09/03(火) 09:34:33.07ID:/aYR8JZd

これってGPSじゃなくてマッピング領域だよね


42名無しのひみつ2013/09/03(火) 09:50:33.42ID:USB9h9m/

グーグルマップなんかでいちど地図を見ておくと
自分の現在地はざっくりと把握できるようにはなるけど
そうじゃないと迷う
特に微妙にカーブしてる道は方向を見失う


48名無しのひみつ2013/09/03(火) 12:50:22.91ID:nxLu/F1K

電波な子の話かとおもった。


53名無しのひみつ2013/09/03(火) 14:54:54.39ID:ewaJ4A83

GPSの例えがよくないだろw
局所測量システムっていえよw


▼ Time : 2013-09-03 19:00

コメント:0

▼ Category :


このエントリーをはてなブックマークに追加




  • コメントがありません
コメントする
名前
コメント

人気記事

月間アーカイブ

カテゴリー別アーカイブ

アクセスカウンター

管理人より

このブログについてはこちらをご覧ください。

連絡先のメールアドレスは
sciencenews2ch(あっとマーク)yahoo.co.jp
になります。
(あっとマーク)は@に置き換えてください

アクセスランキング