ヘッドライン  
1 ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★2013/09/04(水) 09:00:23.41ID:???

2013年 9月 3日
独立行政法人海洋研究開発機構
独立行政法人理化学研究所

海底から噴出する熱水を利用した燃料電池型発電に成功
~深海における自律的長期電力供給の可能性~

1.概要
独立行政法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦、以下「JAMSTEC」という。)海底資源研究プロジェクトの
山本正浩研究員と理化学研究所・環境資源科学研究センターの中村龍平チームリーダーらの共同グループは、
沖縄トラフに人工的に作られた深海底熱水噴出孔(人工熱水噴出孔*1)において
熱水と周辺海水の電気化学的な現場測定を行いました。
この結果に基づいて、熱水と海水を燃料にできる燃料電池(以下、熱水-海水燃料電池*2)を人工熱水噴出孔に設置して、
深海底での実発電に成功しました。
海底から噴き出す熱水には硫化水素のように電子を放出しやすい(還元的な)物質が多く含まれており、
一方で周辺の海水には酸素のように電子を受け取りやすい(酸化的な)物質が多く含まれています。
私たちはこの熱水と海水の間に電子の受け取りやすさの違い(酸化還元勾配)があることに注目し、
そこから電力を取り出す方法を試験しました。
具体的には、熱水噴出孔とその周辺海水にそれぞれ電極を設置するというシンプルな方法で燃料電池を構築し、
発電を行いました。
この方法は、燃料となる熱水と海水が無尽蔵に供給されることから、電力の長期に渡る安定供給に適しています。
これまで海底熱水活動域での発電については温度差や蒸気を利用したものが研究されていますが、
それらと比較して本手法は単純な装置で発電でき、また、腐蝕に強く長期に渡り使用可能であると考えられます。
今後は、長期的な試験を重ねてこのことを確かめる予定であり、
活発化する深海熱水活動域での研究や開発の現場において電力を供給するための重要な技術になると期待されます。
本研究結果は、9 月3 日(日本時間)付の
「ドイツ化学会誌インターナショナル版(Angewandte Chemie International Edition)」オンライン版に掲載されました。
また、本成果は現在特許出願中です。

タイトル:
Electricity generation and illumination via an environmental fuel cell in deep-sea hydrothermal vents
著者:
Masahiro Yamamoto1、Ryuhei Nakamura2、Kazumasa Oguri1、Shinsuke Kawagucci1、Katsuhiko Suzuki1、
Kazuhito Hashimoto3、Ken Takai1
1. Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC)、
2. RIKEN Center for Sustainable Resource Science、
3. Department of Applied Chemistry, The University of Tokyo Doi: 10.1002/anie.201302704

(以下、詳細はリンク元参照)

JAMSTEC
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20130903/

20130906103259_1_1.jpg

Angewandte Chemie International Edition
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/anie.201302704/abstract


引用元:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1378252823/


2名無しのひみつ2013/09/04(水) 09:03:13.38ID:h9fEvHF+

温泉地でやれば簡単だったのに


14名無しのひみつ2013/09/04(水) 10:23:33.36ID:C2KJXc6U

>>2
日本では温泉街の反対で出来ない。地熱発電と同じ


33名無しのひみつ2013/09/04(水) 13:17:14.17ID:MMuTKyKV

>>14
別府温泉の「湯けむり発電」もあり、反対しているところだけではない。

安倍首相、大分県別府市の温泉発電を視察、規制緩和に意欲
(5/18 共同通信)
http://radiation7.blog.fc2.com/blog-entry-2128.html


4名無しのひみつ2013/09/04(水) 09:08:24.65ID:q4WtYoLK

装置の耐食消費期限3ヶ月とかじゃねえの


9名無しのひみつ2013/09/04(水) 09:26:58.79ID:uScvw2ZC

>>4
深海調査用のステーションとかの用途なら十分じゃね


5名無しのひみつ2013/09/04(水) 09:12:56.92ID:hujoS0KZ

津波、竜巻から身を守るには海中だと思ってた!

どこかの国で海中ホテルつくってたよね。そこで実施試験を!


6名無しのひみつ2013/09/04(水) 09:13:06.75ID:eRPzzvU5

電気があれば酸素もOKだし、海底都市へまた一歩だな。


8名無しのひみつ2013/09/04(水) 09:25:32.98ID:i4X7Z138

海底で暮らすとき便利だね


21名無しのひみつ2013/09/04(水) 11:33:31.12ID:vl8qkbLb

こんなものを設置したらエビの逆襲により破壊されるな。


22名無しのひみつ2013/09/04(水) 11:41:24.59ID:nbxKa3ac

人工熱水噴出孔って、自然に出てるんじゃなくて無理やり出してるんか、
しかも硫化水素をふくみ高熱なんだろ、生態系に影響しないの?


26名無しのひみつ2013/09/04(水) 12:08:37.15ID:P2/H0g5o

宇宙開発するより海底開発のほうがよいのではないのか


30名無しのひみつ2013/09/04(水) 12:23:31.07ID:OJX4J/G1

潜水艦のバッテリー補充用に使えるわな
熱水噴出孔に近づいて発電すればいいわけで

日常では使えんわ


32名無しのひみつ2013/09/04(水) 13:04:21.70ID:VMOmzgHt

使い道あるのかねこれ
深海に充電スポットができたとしてもあまり意味がないような
発電量を原発クラスにできるというなら別だけどどうせ発電量は微々たるもんだろ


44名無しのひみつ2013/09/04(水) 15:45:06.83ID:sjy8mJjl

>>32
原発クラスの発電量ってそんなに要らんだろ
これ、研究に必要な電力を賄うだけてのためだよ?


55名無しのひみつ2013/09/05(木) 15:28:56.39ID:kjzRJXq+

>>32
メタンハイドレート掘削ロボットの電源


38名無しのひみつ2013/09/04(水) 13:50:00.50ID:1NsuanRg

チムニーってなんかの拍子に熱水の噴出が途切れて終わることがあるから
無理やり熱水層にパイプぶっ刺した方が安定するんじゃないか


40名無しのひみつ2013/09/04(水) 13:56:34.00ID:x4IcJAaJ

>>38
ぶっさすのに特殊な専用工具が必要になるので
単純に置いておけばいいほうがはるかに楽


46名無しのひみつ2013/09/04(水) 16:25:37.67ID:gBixWtWw

>>40

20130906103259_46_1.jpg

人工熱水噴出孔:海底掘削によって海底下の熱水溜まりまで掘り抜くことで、人工的に作られた熱水噴出孔。
人工熱水噴出孔は、噴き出す熱水が天然熱水と同じ成分を持ち、無人探査機による接近が容易で、決まった位置から安定的な熱水噴出が見込めるといった長所を持つので、海底熱水を長期的に利用するのに都合が良い。

だそう


39名無しのひみつ2013/09/04(水) 13:53:50.93ID:WBPwky9k

メンテをどうするかだなあ
比較的小電力で限定的な利用として悪くないかも


42名無しのひみつ2013/09/04(水) 14:58:33.45ID:nwL++SKs

で、何ワット発電できたんや?


43名無しのひみつ2013/09/04(水) 15:40:31.64ID:xhvCeXnD

1.21GW

尖閣の電源にならんかな


45名無しのひみつ2013/09/04(水) 16:20:48.08ID:nwL++SKs

>>43
マジでそんなに発電できんの?
硫化水素がありゃいいなら、
硫黄系の温泉でもできるでしょ?

ところで、この発電って生物のNADH系と似てる気がする


49名無しのひみつ2013/09/04(水) 20:34:53.14ID:TiY/Y/8a

海底付近に自給自足可能な基地を創りますか…
深海研究と深海観光。


51名無しのひみつ2013/09/04(水) 22:05:26.07ID:8+CStSsW

http://www.2nn.jp/newsplus/1330439214/
神戸大学院の教授は原発1000基分の海洋エネルギーを見つけてるというのに・・・


57名無しのひみつ2013/09/06(金) 10:14:48.93ID:Zhyf+joE

>>51
こんなん、本当に出来るの??


▼ Time : 2013-09-06 12:00

コメント:0

▼ Category :


このエントリーをはてなブックマークに追加




  • コメントがありません
コメントする
名前
コメント

人気記事

月間アーカイブ

カテゴリー別アーカイブ

アクセスカウンター

管理人より

このブログについてはこちらをご覧ください。

連絡先のメールアドレスは
sciencenews2ch(あっとマーク)yahoo.co.jp
になります。
(あっとマーク)は@に置き換えてください

アクセスランキング